お子さんにお金の勘定をさせてください!

最近、小学生の算数を教えていて、10,100.1000,10000という数のかたまりや1000から増えたり減ったりという表現にピンと来ない子供が増えているような気がしています。

これは、便利な社会生活が影響しているのではないでしょうか?

メディアで「仮想通貨」が取り沙汰されていますが、ものごころついた頃から「カード支払い」が買い物の手段となっている子供たちは、ひょっとしたら実際の紙幣や貨幣をほとんど目にしたことがないのではないでしょうか?

だとしたら、そのような数に関する問題が出てきても決して不思議ではないですよね?

これは、経済社会で生きる子供の人生においてかなりの問題なのでは!?

保護者面談の際に、あるお母さんもおっしゃっていました。
「そういえば、うちの子にもカードで買い物をさせています」と。

関連記事

  1. 素直な性格と地道な努力でAO合格をつかんだBくん

  2. 令和3年度東京都立高校の数学の入試問題を解いてみました。 —

  3. 中学数学の定期試験と高校入試問題の違いー前編(菅田先生)

  4. 勉強が苦手な子供に光を与える教育を!

  5. 教育に参加するお父さん

  6. 中学生進学ガイダンス開催!

最近の記事

ピックアップ記事

PAGE TOP