読めばわかる、読めればわかる

【塾の算数の授業での話】

小学生の女子生徒Aさん「先生、この文章問題わかりません」
私「その上の説明を読んでみた?」
Aさん「まだ読んでいません」
私「じゃ、読んでみて」

数分後

Aさん「読んだらわかりました。読めばわかるんですね。」


【塾の国語の授業での話】
小学生の男子生徒Bくん「先生、この文章問題わかりません」
私「本文をしっかり読んだのか?!」
Bくん「何度も読みました。」
私「じゃ、次に、声に出して音読してごらん」

音読させた後

Bくん「わかりました。簡単でした。」

このような例は珍しくありません。

子どもは見た目で判断したり、読んだつもりになっていることがとても多いです。

「わからない」という時は、まずはゆっくり読ませてください。
または、音読を聞いてあげて下さい。

特に漢字が正確に読めない子どもは、文章の内容が分かるはずがありません。

とにかく「読む」習慣をつけることが大切です。

大人があれやこれや一生懸命説明しても、その多くが無駄に過ぎ去り、頭に残りません。

「読む」そして「考える」そして「書く」当たり前のことを当たり前にやる子供は成長します!

関連記事

  1. 子どもが楽しく前向きに頑張れる環境を!

  2. 深沢神社例大祭初参加

  3. 記述力を伸ばすには? その2

  4. 他塾の夏期合宿を体験してきました!

  5. 若者たちの悩み

  6. 定着率95%の勉強法があります

PAGE TOP