塾選びのポイント 続き (増田先生)

ポイント② 自宅から近い

現代ではタブレットを使う教材や映像授業など、自宅に居ながら勉強できるツールが充実してきました。

しかし、多くの子供たちにとっては自宅以外にも勉強できる「環境」が必要です。

授業以外でも塾に行き、自習が出来たり質問が出来たりする場所は勉強の習慣をつける上で大切です。

ですから、塾は自宅から近いに越したことはないでしょう。

 

 

ポイント③ 合格実績

塾選びで気になるのは何といっても合格実績でしょう。多くの塾が毎年の合格実績を広告に生徒募集をしているのが現実です。

ここで気を付けたいのが、大切なのは「合格者数」ではなく「合格率」だということです。

志望校に100人中20人合格と、30人中20人合格では全く意味が違うことは明らかです。

また、複数の校舎がある塾にも注意が必要です。

知るべきはお子様が通える校舎の実績です。

同じ看板の塾でも、校舎によって実績や評判はそれぞれです。

 

中小塾をお探しの場合には、合格実績で判断しづらいという現実もあります。

そもそも生徒数が多くない小規模の塾では、その年度の生徒によって実績は大きく変わります。

この場合、ポイントは生徒たちが「目標校に受かっているか」です。

広告やホームページに詳細は載せられるものではありませんから、直接塾に問い合わせる必要があります。

 

もちろん、お子様の特徴に合っているか、が最も重要な点ですが。

 

次回はラスト

ポイント④ サポート体制

についてお伝えします。

 

関連記事

  1. 新中1の保護者様へ ⑤要注意ポイント諸々

  2. スゴイです!エゴグラム&交流分析

  3. 塾の先輩ストーリー その①

  4. 春期講習実施中

  5. 就職…やりがいか?待遇か?

  6. 高校3年生の夏

PAGE TOP