高校3年生の夏

現在、公私に渡って、いろいろなパターンの進路を模索している高3生数名と関わっています。

●中堅の都立高校に通い、GMARCHレベルの大学をめざして連日猛勉強しているAくん。
●私立女子高に通い、AO入試で短期大学に進もうとして、記述の練習に集中しているBさん。
●大学付属の私立校に通い、母親と同じ看護師が希望だが、これからオープンキャンパスを探そうとしているCさん。
●大改革した私立校に通っており、日東駒専レベルの受験を考えているが、成績が伸びないため、あわてて塾を探しているDさん。

みんな、夢を実現させるために頑張ってほしいです。

高3で困らないためには、高1の最初、まだ勉強が楽なうちから、受験生のつもりでスタートダッシュをすることなんですが、分かっても実践できる生徒は少ない。でも今年の当塾の高1は皆、順調にスタートを切れました!再来年が楽しみです。

関連記事

  1. 地元の地域の活性化を!

  2. 塾選びのポイント 続き (増田先生)

  3. 漢字を軽視しないでください!

  4. 人間として成長するには、素直さと真面目さに勝るものなし

  5. 受験は「義務」ではなく「権利」

  6. 当塾の費用面のわずかなお手伝い

PAGE TOP