ゆるい中学受験

塾仲間 桜学舎塾長 亀山先生が書かれた本を購入させて頂きました。

当塾でも頻繁に話題にのぼる「中学受験の捉え方」そして、結論になりつつあるのがこの「ゆるい中学受験、過度な無理をさせない中学受験」です。

毎年、大手塾で心身ともに病んでしまった生徒が入塾してきますが、彼らを見ると「何のための受験勉強?」と思ってしまいます。

そして、当塾で元気になっています!

中学受験に限らず、高校受験も大学受験も、子ども自らの人生を豊かにするために、希望を持って次のステージへ進むための扉であるはず。

親のためや学校のためではない、ましてや塾のためのものであっては絶対にいけないはず。

受験はゴールではありません!

受験を目指す皆さん、ぜひ入学後に楽しく前向きに頑張れるような受験にしてください。

そして中学受験に悩む保護者の皆さん、ぜひこの本を手にとって読んでみてください。
気持ちがラクになりますよ。
当塾でも、しっかり参考にさせて頂きます!

関連記事

  1. 適した進路は必ずあります!

  2. 勉強が苦手な子供に光を与える教育を!

  3. 「中学受験」を誤解している子供たち

  4. 「中小塾で伸びたから、次は大手塾」は危険です!

  5. 公立生、頑張れ!

  6. 新中1の保護者様へ ⑧厳しい時代背景

PAGE TOP