スイッチが入った生徒は伸びる! その2

2月14日の投稿で、以下の生徒を紹介しました。
「都立高入学時に、家庭の事情でしぶしぶ塾を辞めた女子生徒が高1の11月に「勉強したい!」と再入塾。授業以外にも、テスト前はほぼ毎日のように自習をしに通塾。

テスト結果は
1学期、評定平均5.3  学年順位234位  だったのが
2学期、評定平均7.2  学年順位 61位!」

その後もこの生徒は努力を続け、学年末テストの結果は、なんと

学年順位30位!  クラス順位1位!!!

彼女のこの1年の様子を見ていて改めて思うこと・・・

① 受験をゴールにし、受験勉強で疲弊しては絶対にダメ!入ってからが勝負! ② 勉強は強制するものではなく、自らが「勉強したい!」と 思うことが最重要。スイッチが入った生徒は、どこまでも伸びる! ③ 勉強に集中できる「自分の勉強場所」を見つけることも大切。

関連記事

  1. 高校生の19人に一人が通信制高校に進学

  2. イベント「受験相談会」での嬉しいお話

  3. 塾生たちの運動会

  4. 教育に参加するお父さん

  5. YouTubeチャンネル「下町塾長会議」に出演しました!

  6. 記述力を伸ばすには? その2

PAGE TOP