「中小塾で伸びたから、次は大手塾」は危険です!

「A塾からB塾へ」と転塾されるご家庭は毎年たくさんあると思いますし、当塾でも実際に他塾から移って来られる方は何人もおられます。その中には、大手塾からの転塾も多々あります。

そして残念なのが、数年間当塾に通い、「おかげで成績が伸びたので、また大手塾に移ります」というケースです。この1年でも数件ありました。

当然、塾スタッフはショックを受けますが、それはまあ「当塾の努力不足」ということで諦めるとしても、そのような場合、新たな大手塾、特に集団授業でお子様が伸びるケースはほとんどありません。

大手塾から中小塾に転塾する理由は、

①授業のペースについていけない
②宿題がこなせず勉強が嫌いになってきた
③細かいフォローをしてもらえない・・・等ですが、

中小塾で伸びたから、と言って、また大手塾に戻って、それらが解決するとは到底思えません。

実際に「理想の志望校に合格できた!」という話はほとんど聞きません。

私たちが考えるに、「大手塾タイプの生徒」「中小塾タイプの生徒」は決まっており、それが変わることは小中学生ではないと思われます。
(自主性を持った高校生ではあると思いますが)

大手塾の指導のゴールは、「収益と上位志望校合格数」、中小塾は「生徒一人ひとりの成長」だと私は考えます。

転塾する場合は、「その塾が本当に自分の子供にふさわしいか」「自分の子供にはどういう指導が適しているか」「将来どういう人生を歩んでほしいか」 をよくお考え頂きたいと思います。

関連記事

  1. ふつうの中学生が内申を上げるのは至難の業

  2. 中学準備講座 やるべき理由を知ってください!!

  3. 2018年度入試終了しました!

  4. ゆるい中学受験

  5. ドルトン東京学園・N高校・ゼロ高等学院

  6. 小中学校の教師不足が深刻らしいです!

PAGE TOP