都立推薦入試が終了しました

1月26日・27日の二日間にわたり、都立高校推薦入試が実施されました。当塾の塾生は3名が受験、他に外部生でその対策のみ受講し、受験した生徒が2名でした。

この1か月~2か月、その生徒たちは「人の話を聞き、自分の考えを述べる」ということを繰り返し練習してきました。おそらく初めての経験です。

この推薦入試は大変高倍率のため、合格可能性は高くありませんが、人生においてとても大切なことを彼らは学んだと思います。大人なら誰もが必要と感じるコミュニケーション能力です。

当塾が加盟している東京私塾協同組合では毎年、多くの中3を集め本番さながらの「集団討論模擬練習会」を実施しており、上記の受験生たちもそれを経験しました。それを含めた練習を何度か繰り返すうちに彼らは着実に「他人と話し、意見をまとめてゆく」スキルを向上させました。是非これを今後も続けてほしいですね。合否に関わらず、本当に意味のある勉強です。

さあ、これから一般入試。受験生のみんな、がんばれー!

関連記事

  1. 東京私塾協同組合(TJK)について

  2. 私立中学入学は、成績優秀者のみの権利?

  3. 中学受験は要注意!

  4. 中町教室にも「みんなの速読」導入します!

  5. 小学6年生の保護者様へ(その3)

  6. 勉強のゴールは「受験」ではありません!

PAGE TOP