冬期講習がスタート!

冬期講習が始まりました!
おそらく、受験生が最も必死になる講習です。

公立小学校6年生の生徒たちを指導して思いました。
明らかに、受験を控えた6年生よりのんびりし、適度にふざけ、適度に勉強している様子。

中学受験を全面的に勧めはしませんが、11歳や12歳のこの冬の瞬間瞬間を懸命に考え、チャレンジしているのは受験生たちです。
その両者の、今はそのわずかな開きが、数年後には、人生を決めてしまうような決定的な格差になることもあります。

ONとOFFをきちんと区別し、「やるときはやる!」という人間になってほしいと思いますが、公立の小中学生にそのスイッチを入れることは、本当に難しいと思います。どういえば分ってくれるのか、いつも悩んでいます。
(もちろん、自然とそれができている生徒も中にはいますが)

関連記事

  1. 受験は「義務」ではなく「権利」

  2. 私立中学入学は、成績優秀者のみの権利?

  3. 算数を本質から理解させる指導 ー割合編ー (菅田先生)

  4. 中3夏期進学ガイダンス

  5. 文系理系にとらわれない勉強をしよう!(菅田先生)

  6. 「中学受験」を誤解している子供たち

PAGE TOP