様々な事情で学校に行けていない生徒

最近、いろんな事情で学校に行けていない子供に関するご相談を受けることが増えました。

統計的なデータを見ても、自然な流れだと思います。

「不登校」というと、同じようなマイナスイメージのレッテルを貼られてしまうようで、その言葉を使いたくなくなってきました。

現在&過去に関わっているその生徒たちは精神的には全く正常理解力は標準以上、頑張れば上位の学校に進学できます。

本来優秀な生徒が、ちょっとしたきっかけで学校に行けなく(行かなく)なってしまう。

これは、本人の問題というより、それをカバーできない学校教育の問題です。

このままでは、学校の存在意義が怪しくなってくるのでは・・・。

当塾はそれらの専門塾ではありませんが、長年の経験とネットワークから様々なご相談にのることは十分できます。

お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 中3生の内申決定

  2. 中学生の進路相談について心配な話

  3. 高校1年生は人生のターニングポイント

  4. AI(人工知能)とロボット教室

  5. 勉強のゴールは「受験」ではありません!

  6. 公立中学校の勉強(特に英語)が大変な状況です!

PAGE TOP