これからの子供たちの勉強は大変ですよ

東京私塾協同組合の研修会に参加しました。

分かっていたことではありますが、これからの学校教育の変化は、子供たちにとって、本当に大変なことになりそうです。

①小学校での英語
特に現在の6年生は、中3になる時に教科書が改訂されます。つまり、中1中2で習ってない内容が入試に課される可能性があるのです。特に、英単語の量が現行の1200レベルから1600~1800になるそうです。

②2020年の大学入試改定で、現高1の生徒たちから新しい入試制度になります。つまり、現高2高3は浪人して今の高1と同じ入試に なると、圧倒的に不利になります。    ③英語をある程度使えるようになるには、2400時間の勉強量が必要です。学校での授業時間はせいぜい1000時間。韓国では、英語スクールに通うのは週5回が普通だそうです。日本人は、根本的に 英語に取り組む姿勢から考え直したほうがよさそうです。

関連記事

  1. 中学数学の定期試験と高校入試問題の違いー前編(菅田先生)

  2. 小学生の英語教育について

  3. 冬期講習がスタート!

  4. 難関や上位中高一貫校を辞める生徒たち

  5. 英語を学ぶには便利な時代です

  6. 2学期中間試験を終えて (菅田先生)

最近の記事

ピックアップ記事

PAGE TOP