学校の現状

今日聞いた話 2件

ある中3生の保護者様 「学校の先生は志望校のアドバイスは全くしてく入れない。自分たちで探すしかないんですね。」
ある小学生 「担任の先生は新任だけど、5月頃体調不良でお休みし、6月後半からまた休んでる。」

この2件はたまたま、であることを願うばかりです。

学校の先生方は、過剰な量の業務を日々負わされている、というのは良く聞く話ですが、そのしわ寄せがすべて子供たち、そして日本の将来にかかってくるのは明らか。

なんとかしなければ、将来の日本は本当に危ないと感じることが多いです。

私たち私塾の力をもっと公の場で活用することはできないものでしょうか?

関連記事

  1. 特進クラス絶好調!

  2. 映像授業は高3受験生には最大の武器!

  3. 転塾した生徒が戻ってくるという嬉しいお話

  4. 適した進路は必ずあります!

  5. 新中1の保護者様へ ④1学期のお子様の様子に注意!

  6. 「中学受験」を誤解している子供たち

PAGE TOP