難関や上位中高一貫校を辞める生徒たち

また一人、難関中高一貫校を辞め、地方に進学したいという生徒と保護者様が相談に来られました。
この半年で4人目です。

辞める理由として聞かれる声は
「窮屈な集団生活に耐えられない」
「優等生タイプしか評価されない」
「大学進学や成績の話ばかりでうんざり」
「説明され、想像していた学校とは全く違った」等など

この生徒たちが少数派の特例なら良いのですが多くの生徒たちが、嫌々我慢して通学しているとしたら、東京の教育の将来がとても心配になります。

今年の都立高校入試では、31校が定員割れ、通信制高校に進む生徒が激増。不登校生徒も増える一方。

学校現場の皆さん、そろそろ学校の方向性を検討する時期ではないでしょうか?!

関連記事

  1. 漢字を軽視しないでください!

  2. 中学数学の定期試験と高校入試問題の違いー後編(菅田先生)

  3. 考えさせる授業

  4. 私立大学(GMARCH)付属中高一貫校から、他大受験にチャレ…

  5. お子様の携帯端末の使用にご注意ください!

  6. 当塾の費用面のわずかなお手伝い

PAGE TOP